キャッシング ネット

ネットだからこそ助かるキャッシング!家族にも心配はかけません

「あ、あれ欲しい…」結婚して3年、私が妻からその言葉を聞いたのは二度目でした。元々物欲がないのか、付き合っている時からを入れても二度目となる「欲しい」という言葉。日頃から妻にはとても感謝しているのですが、物をねだるような事がない為に、これまでにいくつか贈り物をした事があるんですが、こう…私が考えているような反応ではないというか…贈り物をすれば、もちろん喜んでくれます。ですが、それがイコール自分のみたい妻の反応なのか…やっぱり、贈るなら、本人の欲しがったものをプレゼントしたい。そう思っていた所に、物欲のない妻が欲しがったものとくれば、やはり私としては、是が非でも手に入れてやりたいと言いますか。喜ぶ顔が見たいと言いますか。

しかしながら、今までは私のタイミングとペースで貯金をし、費用が貯まったらプレゼントを贈る…この方法をとっていたのですが、今回はどうやらそうもいきません。妻が欲しがったのは、数量限定品。しかも、私ですら知っているブランドです。そう長い時間、品物が残っているとは考えられません。しかも、つい先日、妻に似合うと思い、プレゼントを贈ったばかり。貯金などは利用したくありません。これはあくまでも、私が妻に感謝を伝える為のもの。

何か良い方法はないか。どうしても妻に喜んでほしい。そんな時でした。限定商品…どの程度の数があるのか。そして、どの程度で売れてしまうのか。様々な事を調べていく中で、広告として表示されたもの。キャッシング広告です。ですが、キャッシングはどうあっても郵便物などが届く。何かでキャッシングを利用した事がバレてしまっては意味がありません。キャッシングサイトを表示したは良いが、郵便物が届かない…そんな方法はないのか。と思って、申込みからの手順を確認してみると、あったんです。

「ネット契約」であれば、郵便物などの郵送かネットでの表示のどちらかを選ぶ事が出来る。メールなどで連絡は来ますが、郵便物は届かない。これであれば、妻にバレる事もなく、心配をかける事もありません。黙っている事に関しては多少の罪悪感を感じましたが、それでも妻の喜ぶ顔を見たい。そして、感謝の気持ちを伝えたい。私は早速キャッシング審査を申込みました。

それから一週間。多少値段の張る買い物となってしまいましたが、妻が欲しがったネックレスは、今日も妻の首元で光っています。余程気に入ったんでしょう。感謝の気持ちを伝え、渡した時の表情は、今まで見た中でも最上級のものでした。あぁ、この顔が見たかった!私としては、とても満足な結果になりました。限定品である事から、焦りばかりが募っておりましたが、キャッシングを利用する事で、難なく商品を購入。これだけ喜んでくれているのを見る事が出来たのですから、私にとって、キャッシングを利用した事は間違いではなかったと思っています。

キャッシングを利用しているけれど自動車ローンを組みたい!

タイトルの通り、この悩みを抱えている方は大勢居ます。何故なら、キャッシングを利用している、というのはローンを組む際にはマイナス面のが多いと考えるからです。何故、マイナス面が多いと考えるのか?それはこれからローンを組むのに、すでにキャッシングで借入を行なっているから審査に通らないのではないか。と思考が働く為です。

では、キャッシングを利用していると自動車ローンは組めないのか?組む事は「可能」です。キャッシングを利用しているといっても金額にもよりますし、返済が滞る事なく継続して支払いを行なっているのであれば、信用情報としても申し分ありません。信用情報というのは、個人の金銭に関する情報というのが管理されている場所があり、ここに○○さんの信用情報はどうだろうか。と審査をする側は情報を参照するのです。ここに「キャッシング利用有」といった情報が記載されていたとしても「延滞」「遅延」などといったマイナスの要素がなければ「お金に対してきちんとした管理の出来る人」という好印象を相手に与えますから、審査に関してはマイナス面もなく、心配する事はありません。ではここに、「延滞」や「自己破産」などといったマイナスの要素が情報として記録されている場合ではどうでしょう?「お金の管理が出来ない人なのでは」と悪印象となり、審査に通る事が困難となる場合も考えられます。

このように、キャッシングを利用していたとしても、きちんとした計画性を持って返済をしているのであればプラスに働く面もある為、キャッシングを利用している事がマイナスに働くだけではない場合もあります。

ですが、自動車ローンに関してはキャッシングとは審査が多少異なりますので、キャッシング利用の有無だけではなく、勤続年数や住宅ローンの有無なども関係してきますので、キャッシングを利用している・していないだけで審査に通る・通らないという事ではないという事を覚えておいて下さい。

気付いた時には遅い場合も…返済の遅延履歴は情報として残るんです

「あなたはお金に対してルーズですか?」そう聞かれて「はい、そうです」なんて答える人はまず居ませんよね?でも、あなたが嘘をついているかどうか、というのは見破られてしまう事があるんです。特に金銭を扱う場合というのは、個人の信用情報というものが存在します。キャッシングやローンを利用する際には審査がありますが、この審査の際に相手側はこの信用情報を参照した上で最終的な判断をします。あなたが今までに金銭面で何かしらの問題があった場合というのはこの信用情報にその履歴が残っている場合があるんです。

では、この信用情報というのはそもそもどういうものなのか。あなたがもし、今までにクレジットカードやキャッシングを利用していたとし、その支払いの際に「遅延・延滞」があった場合や支払う事が出来なくってしまい「債務整理や自己破産」を行った場合、支払う意志がないと見做され「強制解約」となった場合などはあなたの信用情報にこれらの項目が追加され、銀行やクレジットカード会社、消費者金融がこの信用情報を参照した際にあなたの履歴として出て来ます。

これにより、どういった事が起こるのか。これらの情報というのは取り扱っている信用情報の機関により異なりますが、延滞一つをとっても、期間が定められています。中にはたかが延滞くらいで…と思う方も居るかもしれませんが、長いと延滞の情報も「5年間」はあなたの信用情報として残ります。しかも、この信用情報というのは登録されてから「5年間」ではなく、借入を行なっている金額の完済をしてから「5年間」経過しなければ消えません。要するに、完済が済んだからといって住宅ローンや車のローンを申請したとしても完済から「5年間」が経過していなければ延滞の履歴はあなたの信用情報に残っており、これにより審査に通らない可能性というのが出て来てしまうという事です。

また、上記にあげた中で最長のものは自己破産による記録で「10年間」記録される場合もあります。このように、金銭のやり取りというのはあなた自身の信用として最終的にはあなた自身に返って来ます。その情報は後まで残りますから、若い頃のツケを追々返すなんて事にならないように金銭面はしっかりとしておきましょう。もし、今現在の自分自身の信用情報を知りたいという場合は、個人信用情報の開示を要求する事も出来ますから、参考にしてみてはいかがでしょうか。

きちんと考えて!キャッシングの借り換えをする時に起こりうる危険

数社からの借入がある場合に気をつけなければならない事は「返済日の確認」と「延滞しないようにする事」ですが、返済日が異なる場合というのはどうしても勘違いしてしまったり、勘違いしてしまった事から延滞になってしまい、支払わなくても良かった延滞利息まで支払う事になってしまう…

こんな時、役立つのが借り換えによる借入金の一本化です。数社から借りているお金を借り換え出来る会社から借りた金額で完済し、こちらが返済をするのは借り換えの会社へ支払うだけになります。この借り換えを利用する事で返済日を間違ってしまったり、延滞してしまう可能性を取り除く事が出来ます。

ですが、この借り換えにも、もちろんメリットとデメリットが存在します。メリットは低金利の借り換え会社を利用する事で、支払う事になる総額を減らす事が出来るという事。数社からの借入の状態であれば、金利も会社によってバラバラですから、支払う額は総額で計算すると相応の金額になってしまいますが、一本化する事でバラバラだった金利を支払う必要がなくなり、且つ低金利で借入をしていれば支払い総額は借り換えを行う前と行った後では違いが出てきます。また、返済日も数社でバラバラだったものが一社になりますから、きちんと計画を立てながらの返済が可能になります。一本化をする事で数社からの借入時よりも先を見据える事が出来るようになりますから、節約する事で繰上返済を考える事も出来るようになりますし、自身の生活を見直す事にも使えます。

それでは、借り換えを利用する事で見えてくるデメリットとは何か。上記の通り、借り換えを行う事により多少の余裕が出て来ます。この「余裕」が危険なんです。今までは数社からの借入だったものが一社になった事で返済日が安定し、支払う額も一社だけであれば数社に払っていた時よりも当然減ります。落ち着いて考えれば、その余裕が出た分を繰上返済に利用する事で返済を早めに終わらせる事が出来るのですが、その「余裕」を自身の「余裕」と錯覚してしまい新たに借入を行なってしまったり散財してしまうというケースが存在するんです。新たな借入に関しては借り換え時の時点での総額などによっては断られる場合がありますから、そこで目が覚めるケースもあります。ですが、散財に関しては周囲に止めてくれる目というものが存在しなければ自身で気付くまで散財してしまう場合があります。借り換えは、借入の額が大きく、借入件数の多い人ほど助かるものではありますが、この借り換えにより、なお借入を増やしてしまう場合や散財してしまう場合がある、という事を覚えておいて下さい。

また、この借り換えは誰しもが利用出来る訳ではありません。通常のキャッシング利用の際と同様に審査があります。あなたの信用情報によっては、借り換えを断られてしまう場合というのも十分に考えられますので、借入を行う際は計画性を持って借りる事を心掛けて下さい。

使うならどっちがお得なの?「海外キャッシング」と「外貨両替」

海外旅行に行く時、あなたは「海外キャッシング」と「外貨両替」のどちらを利用していますか?

「海外キャッシング」というのは、旅行先でクレジットカードを使用して、現地のお金を引き出す事です。「外貨両替」というのは、主に空港内などで日本の「円」を旅行先の通貨の単位に直して両替してもらう事を言います。もし、アメリカに旅行に行くのであれば、「円」を「ドル」に両替してもらうという事です。

まずは「海外キャッシング」ですが、この利点はクレジットカードと取扱可能な場所があればいつでも利用出来るという点と必要な分だけを引き出す事で、無駄がないという点です。また、クレジットカードのキャッシング枠を使用しますので繰上返済も可能な為、手数料も多少ではありますが安くあげる事も出来ます。この利点だけを見ると海外キャッシングってお得!と思いませんか?ですが、「クレジットカードの盗難・紛失」は気を付けなければいけません。「ちょっと目を離した隙にお財布がなくなっている」「席取りに鞄を置いておいたのに鞄自体がなくなっている」これ、実際に私の周りで起きた事なんです。日本で大丈夫と思っている行動は海外では通用しない事がほとんどです。例え犯人が荷物を盗って行く瞬間を目撃したとしても、こちらが旅行者であると解った上で犯行に及ばれたのであれば、取り返す事は非常に困難です。すぐにカードを止める等の対応をすれば利用される事はありませんが、そこからの旅行を楽しく過ごす事は出来なくなってしまいます。また、海外の地域などによっては海外キャッシング用の手数料が引き出す際にかかる場合などもありますので、利用する際は確認した上での利用を心掛けて下さい。

次に「外貨両替」ですが、これはどの国の通貨に両替をするかによって手数料1ドルあたり○円のといった形で引かれます。この外貨両替の利点は一般的に広く利用されている為、安心して利用する事が出来るという事です。海外キャッシングというのは外貨両替に比べれば知名度も認知度も低く、また、対応していないカードもある為、利用出来るのか解らないといった方が多い事と、対応しているクレジットカードを持っている場合でも外貨両替を利用する方が多い事が理由です。ですが、この外貨両替の手数料というのは国ごとに違う為、旅行先によっては手数料が多くかかってしまう事や、どの程度の金額が必要になるか解らない為に、つい多めに両替してしまって最終的にまた「円」へ外貨両替をする…といった場合もあります。また、手数料のほとんどかからない個人経営の外貨両替を行なっている場所もありますが、悪質な抜き取りを行う両替所もありますので、外貨両替を行った際は面倒でもきちんと金額の確認を「その場」で行うようにして下さい。目の前で金額を数えて見せた後に、数枚をこちらに渡す際に抜き取るという悪質な個人両替所が存在します。「その場」で確認しなければ、相手は言い逃れ出来てしまいますので、相手の前で確認をする事が重要です。

さて、それでは実質どちらがお得でしょうか?短期間の旅行であれば海外キャッシングで必要な分だけを利用し、日本へ帰国後に繰上返済をすれば手数料は然程かかりませんし、長期間の旅行や滞在をするのであれば外貨両替を利用して多めに両替をしておき様々な面で対処出来るようにしておく事で何度もキャッシングをする必要がありませんし、手数料は両替時に支払っている状態ですから返済を気にかける必要もありません。このように、自分の旅行の目的や期間などに合わせてどちらを利用するかを考える事でお得に旅行を楽しむ事が出来るようになります。

「利子によって返済額は変わってくる」からこそ無利息活用を!

無利息キャッシングを利用した事はありますか?キャッシング自体を利用した事がない・無利息キャッシングは利用した事がない。もし、借入をする事があり、返済の目処がすぐにつく事が解っているのであれば(給料日前の数日間の生活費など)この無利息キャッシングを利用する事をオススメします。

何故オススメ出来るのか?この無利息キャッシングをサービスとして提供している会社により期間は異なりますが「無利息」の期間内に借り入れた金額を返済出来るのであれば利子が発生しない事がオススメする最大の理由です。

普通は借入を行えば金利○%といった形で利息が発生します。借入の金額によってはこの利息の支払いで手一杯になってしまう可能性もあります。借入の金額が少額であれば問題ないとも言えますが、少しでも返済する金額を減らしたいと考えませんか?無利息であればそれが可能になる訳です。

もちろん、この無利息キャッシングにも注意点はあります。借入から返済までの期間が長期間では無利息は適用されません。例えば、無利息キャッシングで5万円を借入れ、無利息で返済出来る期間が2週間の場合はこの2週間の間に完済する事が条件となります。3週目に入ってしまった時点で利息が発生しますから、無利息ではなくなってしまいます。要するに「借入の金額を無利息返済が可能とされる期間内に完済する事が出来るか否か」という事です。また、何故長期間では無利息は適用されないのか。仮に、期間に縛られずに無利息で貸し出しますという会社があったとして、経営として成り立つ事はありません。借入の額と同額が返済されるだけという事ですから、利益が出ません。中には返済が滞る人も居るかもしれませんよね?そうなれば会社はマイナスになるばかりとなってしまいます。では、期間を設けていたとしても無利息の期間内に返済をされ続けたら会社は潰れてしまうのか、という事にもなりますよね?ですが、会社としてはまず、借入を利用する私達側に「選んで」もらう事を考えなければいけません。○週間無利息なら、返すアテもきちんとあるからこの会社で契約しよう!といったように契約してもらう為の宣伝のような役割も担っているのです。その後は、もし無利息の期間が過ぎてしまうとしても、そのまま継続してその会社で借入を行う事が多いんです。審査もありますから、何度も手間をかけたくないという人の心理が働いているとも言えるかもしれません。つまり、無利息期間内に返済する事が出来るのであればこれに優るものはありませんし、会社としてもまずは利用してもらう事を考えるので両者にとって損がないんです。

ですが、無利息の期間を過ぎてしまってからの金利の確認を怠らないようにする事だけは覚えておいて下さい。もし、無利息の期間を過ぎてしまった時にどれだけの利息を支払う事になるのか。長い目で見た時、こんな事なら他で借りれば良かった…なんて事にならないよう、自分で出来る最低限の確認はするように心掛けましょう。

絶対ダメ?実は未成年でも利用可能なキャッシングがあるんです!

原則として、成人していなければキャッシングを利用する事は出来ません。ですが、未成年であっても利用する事が可能なキャッシングも存在するんです。

学生ローンというのを聞いた事はありますか?この学生ローンは、字の如く「学生」である事が条件となる未成年でも借りる事の出来るキャッシングですが、一つ注意が必要です。それは「年齢」の制限があるという事。学生であれば誰でも借りられるという訳ではありません。冒頭に成人していなければキャッシングを利用する事は出来ない、と書きましたが、この成人というのは20歳を指すのではなく「18歳以上の社会人」を指すのですが、学生ローンであれば18歳以上の専門学校・短大・大学の「学生」であれば利用可能という事です。要するに「18歳」になってなければどちらにしてもキャッシングを利用する事は出来ない、という事を覚えておいて下さい。また、高校生も対象外となってますので、注意して下さい。

この学生ローンは上記でも書いたように18歳以上の専門学校・短大・大学の学生であれば借入を行う事が出来ます。学生、という意味では大学院生であってももちろん適用されます。通常の借入との違いは主に限度額の上限が比較的に低い物が多い事が挙げられます。理由としては、あくまでも借入を行うのが「学生」ですから、本分としては勉強や部活動ですよね。よってアルバイトの頻度も、時間も限られている事がほとんどとなります。この場合、借入から返済までの流れを考えた際に返済が滞らないようにする為に貸付を行う側が貸す限度額を抑えた状態で提示する為です。また、一般的なキャッシングに比べると金利が低い事も特徴です。「学生」だからこその特典のようなものと思うと良いかもしれません。

では、学生ローンを利用する際に必要なものは?審査の基準は?

まず、絶対に必要なものは「学生証」です。学生ローンを利用する訳ですから「学生」である事を証明する必要があります。学生である事が証明出来なければ、学生ローンを利用する事は出来ません。この他に印鑑・学生証によっては健康保険証などの身分証、現住所が解る公共料金の領収書などが必要になる場合があります。学生証に生年月日、住所や電話番号の記載があるかを確認した上で必要なものを準備して下さい。また、これ以外にも必要となるものがある可能性もありますので、利用する前に事前に電話で確認をとっておく事が最良です。

審査の基準は、他社からの借入がないか・ある場合は金額はどれくらいか。収入がきちんとあるか。使用用途は何か。他にもその会社独自の審査基準が存在するはずなので、一般的に審査される際の上記3項目について説明をします。他社からの借入がなければ問題はありませんが、すでに他社からの借入が存在する場合はその金額によっては新たに借入を行う事は出来ません。返済出来るかどうか、を相手は見ますから、すでに借入があり、その金額が大きかったとしたら…返済が出来ず次から次へと借りているのではないか?と思われますし、収入がきちんとある訳ではなく、月毎で収入に大きなバラつきがある場合などは返済が出来ずに延滞する可能性が考えられますから、これもまたNGとなる可能性が大いに考えられます。使用用途、というのはとても重要なもので何故お金が必要なのか。という事を明確にしなければなりません。ただ「遊ぶお金がほしいから」なんて理由では審査に通りません。学生であり、アルバイトという信用の度合いとしては低い場所に位置する状態だからこそ、しっかりとした目的を持っている事を相手に説明する事が出来なければいけません。

急な出費に助かる即日振込のメリットと知っておきたいデメリット

しまった!2日後に友達と出掛ける予定があった!でも、お財布の中は寒々しい…給料日はまだ少し先だし、時間もない…さてどうしようかな…

これは私の経験が3分の1程入っているものですが、あなたならどうしますか?私は当時キャッシングというものを利用した事がなく、結局出掛けたものの、ほとんど遊ぶ事も買い物も出来ずもっぱら友達の買い物に付き合うだけで終わってしまいました。こんな時は、即日振込が可能なキャッシングを利用すれば良かったんだなと今になって振り返る時があったりします。

即日振込というのは、主にインターネットから申込む事が出来、審査を通れば融資金を振り込んでくれるというものです。メリットは、字の如く「即日振込」ですから、すぐに融資金が振り込まれる事になり、急な出費や用事でも対応出来る事。これが即日借入の最大のメリットであり特徴です。

すぐに振り込んでくれるなら使いやすいかもしれない!と思う方も居ると思いますが、ここからはデメリットの話になります。即日振込というのは融資金が「振り込まれる」ものですから、指定した口座への振込が可能な時間帯でなければ利用する事が出来ないんです。もう少し噛み砕くなら、指定した口座が銀行口座だった場合、銀行の振込可能な時間というのは午後3時まで。これを過ぎてしまっては、いくら「即日振込」であっても振込む事が出来ませんから利用する事は出来ませんし、銀行が休みであれば、やはり振込みが出来ませんから、これもまた利用する事は出来ません。また、即日振込を取り扱っている業者によって即日振込として対応出来る時間は様々ですから、何時までに申込みを済ませば即日振込が可能なのかという確認をしておかなければ、時間が間に合わずに借入が出来ずに終わってしまう場合もあります。

このように、利便性のあるものであっても、制限が存在します。この制限を把握しておく事で、利用する際の手際が変わってきます。即日振込は、とても便利ですがその性質をきちんと理解した上で有効活用して下さい。

借り方・やり方・使い方は十人十色!キャッシング有効活用!

キャッシングは利用してますか?利用しているのであれば、あなたが利用しているのはどんなものですか?キャッシングにも様々な種類があり、その借り方や使い方は、まさしく十人十色です。

すぐに返済の目処がつく時しか借りないならば「無利息キャッシング」を利用すればお得に使いこなせますし、高額を借り入れて長期に渡って返済を考えているのであれば「低金利」だと負担が少なく済みますね。クレジットカードであれば、ショッピング枠の中でのお買い物だけ利用する方も居ますし、ショッピング枠を利用しないけれどキャッシング枠だけを利用したり…他にもカードローンで借入から返済までを計画する、という事もありますね。

私達の生活の中で、急な出費というのは日常生活を送る上でいつ起こってもおかしくない事態です。そんな万が一の時に利用出来るキャッシングというのは、欠かせない存在なのかもしれません。キャッシングと言っても、単にお金を借りるだけ、という訳ではありません。お金を借りるという行為を通して自身の生活の見直しや改善、お金を借りたら返すという当然のマナーや知識を得る事にも繋がります。

中でも「お金に対する知識」を得る事で、これからの生活に役立つ事は色々とあります。借入を行ったらどうなるのか、利息や遅延・延滞について。個人の信用情報に関してや、返済を円滑に進める為の計画性。ただ、「お金を借りた」というだけで済まさずに、借りた事によって起こりうる事やその可能性を考えて返済を行う事で、あなた自身の為になる、という事を覚えておいて下さい。

一つじゃない!カードローンの違いを知ってお得に利用しませんか?

聞かれて中々答えられない質問の一つ「カードローンとキャッシングって何が違うの?」さて、あなたは答える事が出来ますか?

現在、このカードローンとキャッシングにはきちんとした線引がありません。どちらも借入を行い、期日には返済をする。言わば言葉が違うだけとなってしまいました。では、何故ここでは「カードローンの違いを知って」とタイトルに書いたのか。

さて「カードローン」と言う言葉から、あなたはどこを連想しますか?銀行?信販会社?消費者金融?そう、カードローンというのはここに上げた3つの種類の会社で取り扱われており、そのカードの種類も様々。使用用途によって、カードローンを契約する場所を選ぶ事でお得に使いこなせるようになるんです。

単にカードローンの違いといっても、その定義が変わる訳ではありません。借りたら返すのは当然ですし、延滞すれば自身の信用情報に傷が付きます。その事は念頭に入れておいて下さい。では「違い」とは一体どんな事か。

主に違いとして挙げられるのは「低金利」「無利息」「即日借入」の3種類です。「低金利」は借入を行なってから返済をしていく期間が長期になる事が予想される際に利用すると支払いの総額が少量だとしても減らす事ができ、繰上返済をしていく事で支払総額をもっと抑える事も可能になるのが特徴です。主に借入の金額が多くなってしまう場合などはこの「低金利」のカードローンを選ぶ事が良策と言えます。

次に「無利息」ですが、借入の金額が少額で、短期間で返済が可能なのであればこの「無利息」のカードローンが有効です。「無利息」となる期間は提供している会社によって異なるので、確認が必要ですが、借入を行って完済後に再度借入を行った場合はまた「無利息」となるのが一般的なので、借入の金額が少額・返済までの期間が短いのであれば、この「無利息」のカードローンが一番有効です。

最後に「即日借入」の出来るカードローンですが、読んで字の如く即日に借入が可能なものです。キャッシングと同様にカードローンにも審査があり、場合によってはその場でカードを発行する訳ではありません。カードが手元にないのであれば借入を行う事が出来ませんよね?この「即日借入」はカードの発行までが短時間の為、待つ事なく借入を行う事が出来ます。ただし、この「即日借入」は初めて利用する時以外にはあまりメリットはありません。あくまでも、作ってすぐに使える。といったものですから、上記2点のようなメリットはカード会社を比較した際に自分で調べるしかありません。

このようにカードローンといっても、その中身は様々です。自分の使用用途と照らし合わせて、上手な借入・返済を行なって下さい。

安心・安全にキャッシングを利用する為に覚えておきたい大切な事

お金を借りたいけど、どういった所が良いのかが解らない…安全性は大丈夫なのかな?

「お金を借りる」という行為はどこか後ろめたさもあり、身内や友人に言うのも気が引けてしまう…そんな時、キャッシングというのは便利ですが、やはり心配は付き物ですよね。身分証の提示が必要ですから、自分の名前から生年月日、住所まで全て相手に知られてしまいますし、勤務先も記入しなければなりません。きちんと返済を終わらせられるか、延滞してしまわないか…延滞してしまったら勤務先とかにも連絡が来るんじゃないか、なんて事を考え出したらキリがありませんよね。

キャッシングというのは、大きく分けて3種類の借りる「場所」が存在します。

1つは消費者金融系と言うもので、コンビニなどでも簡単に借入・返済をする事が出来、審査も3種類の中では一番甘いので短時間で借入まで進む事が可能であり、利便性においては良いと言えます。しかし、無担保融資ですので借入の出来る金額としては少額、利率も多少高く設定されている場合が多いという面も持ち合わせています。給料日までの数日間の生活の足しにする程度などであれば、日割の金利計算が一般的なので、すぐに返済をする事で、多少ではありますが、支払う額を抑えられる事もあります。しかし、この消費者金融系は会社の種類が多いので、借りる前には、自分が利用しようと思っている会社の評判を確認する事をオススメ致します。

次に信販系と呼ばれるもので、クレジットカードを指すものと思って頂ければ解りやすくなります。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠というように枠が2つあり、お金の借入であればキャッシング枠を利用する、という事です。審査は消費者金融系に比べれば厳しくなりますが、カードによっては買い物をするとポイントが付くものや割引になったりするものもあるので、普段は買い物に使用し、いざという時にはキャッシングも利用出来るという意味では一枚持っておくと心強い味方となってくれます。利率は消費者金融系に比べれば低い方ですが、金利計算は日割ではなく月割が基本なので、利用する際はよく考えてからにしましょう。

最後に銀行系ですが「安全・安心」という意味では身近にあるという場所柄もあり利用する事に対しては一番抵抗なく使用する事が出来るものですが、審査が上記2種類に比べ厳しい事や利便性において多少難がある事から誰でも気軽に、簡単にという事は言えません。ですが、利率も低いので一度審査に通れば、長期的に利用するにはとても便利であり、安心の出来るものとなります。この銀行系も金利計算は月割ですが、金利が低いので然程の心配は必要ありません。

では、心配なく借入を利用するならどれが良いか。この基準は人により異なりますが、銀行系では審査が厳しいので、必要な時に借りられなかった場合を考えると困ってしまいますし、消費者金融系は少額であれば利用するには利便性も手伝って良いお付き合いが出来ますが「いつでも使える」と錯覚する事があり、すぐ返せば大丈夫と思いながら段々と引き出して使用する金額が増えていってしまうというケースがありますので、意志の強い人でなければ最初に持つのはあまりオススメする事は出来ません。信販系であれば、審査は多少厳しいものが多いですが、買い物などにも使えるので、キャッシングを利用する前に練習に買い物でカードを使用して、仕組みを理解しながら使う事から始めるのが一番ではないでしょうか。安全性においても、全国的に使用されているものですから、身構えることなく利用する事が出来ますよ。